dynojet_title01.jpg

dyno_hdk_image06.jpg

インジェクション化されたハーレーダビッドソンでは一般的になりつつあるコンピューターチューニング。
更なる可能性を追求するため、ハーレーダビッドソン倉敷では最新のDynojetシャシーダイナモを導入。

トライク(後2輪車)も測定可能な最新モデルによる正確で適切なデータを元に
さまざまなニーズにお応えできるセッティングをご提供いたします。

dynojet_title02.jpg

 

Dynojet | Dynamometer Model 250ix

 ロードコントロール機能を簡単に操作出来る様、最新の吸収動力を測定可能なリターダ、ソフトと併用する事で再現性が非常に高い。
また回転数や速度で制御し、どのアクセル開度でも固定する事が可能。セッティングの方向性を最適に検討できるモデルです。

※電磁石式負荷コントローラー装備(リターダー)
※測定可能最大出力 750ps
※測定可能最高速  322km/h
※測定可能最大回転数  25,000rpm

 
 
 
 

dynojet_title03.jpg

 
 

ソフトウェアはWinPEP8を使用。

測定から出てきたさまざまなデータを検証し、マップ上の各数値を調整していきます。基本的に純正ECMを使用しますので、安心できるエンジンコントロールを実現します。
最新ミルウォーキーエイト・エンジンも対応します。

 

dynojet_title04.jpg

 
SPORTSTER・DYNA・SOFTAIL・VRSC 64,800円
TOURING・S-SERIES・CVO 75,600円
TRIKE (FLHTCUTG・FLRT) 86,400円

※上記料金に加え別途デバイス代が必要です。
※カスタム内容によっては別途修理費用が必要となる場合がございます。

コンピューターチューニングに関するご質問・ご予約は電話にて承ります。